MENU

images images

発売カレンダー
ランキング
セミナー・イベント
特集一覧
image

TOPすべての商品心理学精神分析・分析心理学・深層心理 > 西欧近世の意識とユング心理学

book

ユング心理学研究 第16巻

西欧近世の意識とユング心理学


日本ユング心理学会 編

単行本

刊行年月日:2024/04/25
ISBN:978-4-422-11716-4
判型:A5判 210mm × 148mm
造本:並製
頁数:200頁

↓ただいま予約受付中です

お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns


内容紹介

様々なアプローチから意識の本質に迫る

ユングにとって「第一番の関心事であった」という意識の問題は、現代においても人間を理解する上で重要なテーマであり続けている。特集では、哲学者の國分功一郎氏を招いて行われたシンポジウムをはじめ、哲学、歴史、心理学、神経科学など様々なアプローチから意識の本質に迫った論考を掲載する。また、2022年に逝去した中井久夫氏を古くから知る精神科医が中井氏の名古屋時代の思い出を語り合った特別対談を収録する。
もっと見る

目次

目 次

はじめに  岸本寛史

シンポジウム
●基調講演「17世紀における意識の概念の発明」  國分功一郎
   「意志」の矛盾/行為は意志の実現ではない/「意識」の概念の発明/「conscientia」をめぐる歴史的背景/意識と良心が区別されない状態/近代以降の「個人」概念とスピノザ
●討論――基調講演を受けて  指定討論者 河合俊雄・川嵜克哲
   中動態との重なり/スピノザの「個人」と河合隼雄の「意志する女性」/心理療法、精神分析などとの対応/中動態について/能動・受動の世界の中にいる苦しさ/心理学とスピノザの接点/ヨーロッパにおける思想「革命」の必然性/自分の本性を大事にする

特別寄稿
●意識の発明と無意識の発明、個人と共同性の道程――國分功一郎氏の講演への応答として  猪股 剛
●ユング心理学と意識  岸本寛史
●「似たもの」としての意識と無意識  老松克博

特別対談
●中井久夫先生を偲ぶ  大橋一惠・山中康裕

講演録
●ユング心理学の歴史的展開――ユング前期 vs. ユング後期  猪股 剛

論 文
研究論文
●説経「苅萱」を読む――日本中世の語り物における救済について  森 文彦

印象記
●日本ユング心理学会第11回大会印象記  田 佳潤
●日本ユング心理学会第11回大会印象記  公文佳枝

文献案内
●女性のこころに関するユング心理学の基礎文献  豊田園子
●海外文献  禹 鍾泰

日本ユング心理学会 機関誌投稿規定(2018年9月16日改訂)

もっと見る

著者紹介

[編]日本ユング心理学会(ニホンユングシンリガッカイ)

※著者紹介は書籍刊行時のものです。
もっと見る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く


関連書籍

ページ:1 / 2


イチ推し!


創元社オンラインショップの特長

  • images

    送料無料

    会員様は一点から送料無料(クレジット決済時)。

  • images

    誕生日クーポン

    会員様の誕生月にバースディクーポンをプレゼント!(入会翌月以降の誕生月にクーポンを発行いたします。)

  • images

    特別販売

    会員様限定!訳アリ本先行販売など、特別販売へご招待!

  • images

    当日出荷

    正午までのご注文で当日出荷(土日祝日除く)。

images