MENU

images images

発売カレンダー
ランキング
セミナー・イベント
特集一覧
image

TOPすべての商品社会・ノンフィクション > 根っからの悪人っているの?

book クリック立ち読み

シリーズ「あいだで考える」

根っからの悪人っているの?

被害と加害のあいだ


坂上 香 著

単行本 ¥1,760

刊行年月日:2023/10/13
ISBN:978-4-422-36015-7
定価:1,760円(税込)
判型:四六判変型 168mm × 130mm
造本:並製
頁数:192頁

↓ネット書店でのご購入はこちら

お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns


内容紹介

正解のない問いを考え、多様な他者と生きる

シリーズ「あいだで考える」創刊!

不確かな時代を共に生きていくために必要な
「自ら考える力」
「他者と対話する力」
「遠い世界を想像する力」
を養う多様な視点を提供する、
10代以上すべての人のための人文書のシリーズ。



『根っからの悪人っているの?――被害と加害のあいだ』

著者の映画作品『プリズン・サークル』は、日本で1か所だけ、刑務所の中で行われている「TC(回復共同体)」という対話による更生プログラムを、20 代の受刑者4 人を中心に2 年間記録したドキュメンタリー。本書は、この映画を手がかりに、著者と10 代の若者たちが「サークル(円座になって自らを語りあう対話)」を行った記録である。映画に登場する元受刑者の2 人や、犯罪被害の当事者をゲストに迎え、「被害と加害のあいだ」をテーマに語りあう。(装画:丹野杏香)
もっと見る

目次

はじめに

第1回 初めての対話
 『プリズン・サークル』を観て
 「わかりたい」と思うには
 「違い」に出会う

第2回 真人さんとの対話
 刑務所のリアル
 犯した罪をめぐって
 大切なものとサンクチュアリ
  コラム おすすめの音楽
 サンクチュアリが壊れたあと

第3回 翔さんとの対話
 感情に気づき、感情を動かす
 サンクチュアリをつくる
 自らの罪を語る
  コラム 感情をめぐるワーク
 聴く・語る・変わる

第4回 山口さんとの対話
 事件に遭遇して——山口さんの被害体験
  コラム 事件後の子どもとの関係性の変化
 少年の居場所
 少年と会う
 被害者と加害者が直接会うこと——「修復的司法」
  コラム 修復的司法の個人的な取り組み
 揺れていい

第5回 最後の対話
 4回の対話の感想
 根っからの悪人っているの?

おわりに
被害と加害のあいだをもっと考えるための 作品案内

もっと見る

著者紹介

[著]坂上 香(サカガミ カオリ)
坂上香(さかがみ・かおり)
1965年大阪府生まれ。ドキュメンタリー映画作家。NPO法人out of frame代表。一橋大学大学院社会学研究科客員准教授。映画作品に『Lifers ライファーズ 終身刑を超えて』『トークバック 沈黙を破る女たち』『プリズン・サークル』(文化庁映画賞・文化記録映画大賞受賞)、著書に『プリズン・サークル』(岩波書店)などがある。

※著者紹介は書籍刊行時のものです。
もっと見る

動画




ダウンロード

  • シリーズ「あいだで考える」パンフレットダウンロードはこちら
    >>>PDF:10.0MB

メディア情報

2024/03/10 「女のしんぶん」書評掲載
2024/01/22 「週刊教育資料」書評掲載
2024年2月号 「母の友」で紹介
2023/12/02 日経新聞、信濃毎日新聞書評掲載
2023/11/18 京都新聞「本屋と一冊」で紹介
2023/11/14 「サンデー毎日11月26日・12月3日合併号」武田砂鉄氏が書評コーナーで紹介

banar

banar

banar

banar

banar


お客様の声

レビューを書く


関連書籍

ページ:1 / 2


イチ推し!


関連特集


創元社オンラインショップの特長

新着情報
お知らせ 2021/06/14 総合図書目録発行終了のお知らせ
セミナー・イベント 2024/07/04 【9/30まで配信】「神田橋條治×林道彦×黒木俊秀×かしまえりこ」による臨床談話  『微視的精神医学私記』刊行記念トークイベント
セミナー・イベント 2024/06/27 【9/16】対面開催「ワークと事例で学ぶ カウンセリングの見立てと方針」
お知らせ 2024/06/25 【訂正とお詫び】「音」の秘密

images