MENU

images images

発売カレンダー
ランキング
セミナー・イベント
特集一覧
image
book クリック立ち読み

シリーズ「あいだで考える」

SNSの哲学

リアルとオンラインのあいだ


戸谷 洋志 著

単行本 ¥1,540

刊行年月日:2023/04/10
ISBN:978-4-422-13011-8
定価:1,540円(税込)
判型:四六判変型 168mm × 130mm
造本:並製
頁数:144頁

↓ネット書店でのご購入はこちら

お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns


内容紹介

正解のない問いを考え、多様な他者と生きる

シリーズ「あいだで考える」創刊!

不確かな時代を共に生きていくために必要な
「自ら考える力」
「他者と対話する力」
「遠い世界を想像する力」
を養う多様な視点を提供する、
10代以上すべての人のための人文書のシリーズ。



『SNSの哲学――リアルとオンラインのあいだ』

あなたに考えてほしいのは、
「SNSをどう使うべきか」といったマニュアル的なことではなく
SNSを使っているあなた自身が何者なのかという問いなのです。

承認・時間・言葉・偶然・連帯。
SNSを使う私たちを描く
新しい哲学の本。


10代の生活にすっかり溶け込んでいるSNSの利用をめぐるさまざまな現象――「ファボ」「黒歴史」「#MeToo運動」など――を哲学の視点から捉え直し、この世界と自分自身への新しい視点を提供する。若い読者に「物事を哲学によって考える」ことの面白さと大切さを実
践的に示す一冊。(装画:モノ・ホーミー)
もっと見る

目次

はじめに

1章 なぜSNSで承認されたいのか?
 1 「SNS疲れ」の正体
 2 私たちはなぜ承認を求めるのか?
 3 相互承認の境地へ

2章 SNSにはどんな時間が流れているのか?
 1 タイムラインに時間は流れていない
 2 SNSに時間を作りだす
 3 人間の生きる時間性

3章 SNSではどんな言葉が交わされているのか?
 1 私たちはなぜ「つぶやく」のか?
 2 「つぶやき」と炎上
 3 言葉とルール

4章 SNSに偶然はあるのか?
 1 SNSのアルゴリズム
 2 アルゴリズムと偶然性
 3 自分自身を創造する

5章 SNSで人は連帯できるのか?
 1 政治に利用されるSNS
 2 SNSがつむぐ連帯
 3 つながりに力を与えるために

おわりに

リアルとオンラインのあいだをもっと考えるための作品案内

もっと見る

著者紹介

[著]戸谷 洋志(トヤ ヒロシ)
戸谷洋志(とや・ひろし)
1988年東京都生まれ。立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授。専攻は哲学・倫理学。技術思想や未来倫理学を探究するかたわら、「哲学カフェ」の実践などを通じて、社会に開かれた対話の場を提案している。著書に『恋愛の哲学』(晶文社)、『哲学のはじまり』(学びのきほん、NHK出版)、『親ガチャの哲学』(新潮新書)、『友情を哲学する』(光文社新書)、『スマートな悪』(講談社)ほか多数。

※著者紹介は書籍刊行時のものです。
もっと見る

動画


ダウンロード

  • シリーズ「あいだで考える」パンフレットダウンロードはこちら
    >>>PDF:10.0MB

メディア情報

2024/05/15 シティリビング(Web版)で紹介
2024/02/02 読書人「図書館員のおすすめ本」で紹介
2023/12/26 聖教新聞「2023年印象に残った本」として紹介
2023/07/25 ダ・ヴィンチweb
2023/06/18 図書館教育ニュース、山陽新聞
2023/06/17 高知新聞
2023/06/08 文藝春秋著者インタビュー
2023/06/03 東洋経済
2023/04/21 新潟日報、秋田魁新報

banar

banar

banar


この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く


関連書籍

ページ:1 / 2


イチ推し!


関連特集


創元社オンラインショップの特長

新着情報
お知らせ 2021/06/14 総合図書目録発行終了のお知らせ
セミナー・イベント 2024/07/04 【9/30まで配信】「神田橋條治×林道彦×黒木俊秀×かしまえりこ」による臨床談話  『微視的精神医学私記』刊行記念トークイベント
セミナー・イベント 2024/06/27 【9/16】対面開催「ワークと事例で学ぶ カウンセリングの見立てと方針」
お知らせ 2024/06/25 【訂正とお詫び】「音」の秘密

images