創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 心理学 > 精神分析・分析心理学・深層心理 > コロナ危機とユング心理学

ユング心理学研究 第13巻

コロナ危機とユング心理学

日本ユング心理学会 編

刊行年月日:2021/04/15
ISBN:978-4-422-11713-3
定価:2,200円(税込)
判型:A5判 210mm × 148mm
造本:並製
頁数:200頁

ユング心理学から見たパンデミックの諸相

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、人々の心とそれに向き合い寄り添う心理臨床という営みもまた大きな変化を経験しつつある。このコロナ危機にユング心理学や関連領域のまなざしを向けたとき、そこにはどのような光景が広がるのか。特集では、ユング心理学者が国際保健学・感染症対策を専門とする山本太郎氏を迎えて行った座談会をはじめ、様々な角度から現在進行形のパンデミックに迫った論考を掲載する。

目 次

はじめに  豊田園子

特 集
●座談会「コロナ危機とユング心理学」  山本太郎・河合俊雄・川嵜克哲/司会 豊田園子
●世界の影としての新型コロナウイルス――マレイ・スタインへのインタビュー  マレイ・スタイン/聞き手 ロバート・S・ヘンダーソン
●COVID-19を巡る断章  山愛美
●新型コロナウイルスと『鬼滅の刃』  西嶋雅樹
●疫病と日本人  鈴鹿義胤

論 文
研究論文
●雨月物語『青頭巾』の分析心理学的考察――快庵禅師の悪霊祓いの実践から  深津尚史
●日本的こころの風景として読む古典――個性化過程にある一個人と集団の関係  鈴木志乃
●「愛護若」にみる否定的母親元型と個性化の挫折――説経節の元型的世界(3)  森文彦
●「イニシエーション」の視点から見た近現代の思春期――児童文学『怪物はささやく』から  石田優香

文献案内
●アクティヴ・イマジネーションに関する基礎文献  老松克博
●海外文献  前田正

日本ユング心理学会 機関誌投稿規定(2018年9月16日改訂)

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[編]日本ユング心理学会(ニホンユングシンリガッカイ)

関連書籍

ページ:1 / 2

rev rev

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.