MENU

創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 教育・福祉 > 教育 > 0~18歳までの家庭でできるモンテッソーリ教育

0~18歳までの家庭でできるモンテッソーリ教育

子どもの可能性が広がる実践的子育てガイド

ティム・セルダン 著 / ローナ・マクグラス 著 / 百枝 義雄 監修 / 島村 華子 訳

刊行年月日:2022/06/14
ISBN:978-4-422-12071-3
定価:2,640円(税込)
判型:B5判変型 224mm × 178mm
造本:上製
頁数:192頁

親はラクになり、子どもは伸びる!

本書は、「モンテッソーリ園や学校に通わなくても、家庭でモンテッソーリ教育を実践できる」と、世界中で人気の本の待望の翻訳書です。モンテッソーリ教育を誰にでも理解できるように、モンテッソーリの基礎となる重要な原則を簡潔に説明しています。

モンテッソーリのメソッドは人気を集めていますが、それには理由があります。好奇心、自立心、尊敬心などの人として大切な価値観に焦点を当てているからです。
調査によると、モンテッソーリ教育を受けた子どもたちは、穏やかで自信に満ち溢れ、知的であることがわかっています。そして、責任感が強く、社会性を持ち、感情豊かな大人へと成長します。

モンテッソーリ園や学校に通っていなくても、家族がモンテッソーリの原則に基づいて生活することは可能です。本書には、遊びの時間、食事の時間、宿題の時間、就寝時など、子どもと関わる時間に、親がその場で何をして、何を言うべきかが書かれています。スクリーンタイムの管理や金銭教育などの新しい子育てスキルも学べます。

本書は、ほとんどの親が子育ての哲学を完全に受け入れるために生活を一新する時間とリソースを持っていないことを認識しているモンテッソーリの本です。その代わりに、その場で効果を発揮する実践的な指導を示しています。

子どもにモンテッソーリ教育を取り入れるのに遅すぎるということはありません。本書は日本では珍しい18歳までを対象としたモンテッソーリ教育の本ですが、何歳になってもモンテッソーリの原理を適用し、人生をよい方向へ変えることができます。誰もが毎日、モンテッソーリの魔法のような瞬間を作り出すことができるのです。

〈本書の特徴〉
●尊敬、自由、好奇心、創造性、責任など、モンテッソーリの原則を明確かつ簡潔に説明。
●モンテッソーリの原則を日常生活にどのように適用するかを示している。朝の準備、子どもの送迎、遊びの時間、食事の時間、宿題の時間、寝る時間など。
●モンテッソーリに慣れていない学齢期の子どもにモンテッソーリのテクニックを適用する方法を示し、子どもの成長に合わせてテクニックを柔軟に発展させていく方法を説明している。
●訳者にベストセラー『自分でできる子に育つほめ方叱り方』の著者である島村華子先生、日本語版監修者に日本のモンテッソーリ教育の第一人者のモンテッソーリ ラ・パーチェ トレーニングコース代表、吉祥寺こどもの家園長の百枝義雄先生をむかえた。

はじめに

1章 モンテッソーリ教育とは?
モンテッソーリ教育の理念
モンテッソーリ教育の基本原則

2章 モンテッソーリ理念に基づいた家庭生活
すべての家庭のためのモンテッソーリ教育
家族の価値観
家族の文化
子育てのパートナーシップ
パートナーとの関係を大切にする
自分の先入観を見直す
子ども視点で世界を見る
心理的に安心できる環境
子どもとの対話
みんなの家
「困った行動」もコミュニケーション
しつけを見直す
反射的に反応せずに、落ち着いて対応する
衝突を最小限に抑える
子どものそばにいることに専念する
「励ますこと」対「ほめること」
子どもの自立を助ける

3章 モンテッソーリ教育で変わる家族の暮らし
好奇心をくすぐる家庭環境
子ども部屋
台所
食事をする場所
家族のための部屋と遊びのための部屋
散らかしてもいいスペース
屋外のスペース

日々のルーティン
1日の準備
食事の時間  
1日の始まりの出発の時
自由時間と週末
スクリーンタイムの管理
スクリーンタイムの家でのルール
就寝時間

家の手伝い
料理をする
掃除と家庭内の雑事
ガーデニング
ペット

家庭での学び
楽しく学ぶために
子どもの頭を刺激する
研究することと発見すること
頭を刺激するゲームや活動
体を動かすゲームや活動
一緒に本を読む
アートを楽しむ
お金の管理を学ぶ
宿題
課題の手伝い

一緒に時間を過ごす
家族の歩んだ歴史を伝える
一緒に遊ぶ
家族のプロジェクト
一緒に自然を楽しむ
お出かけ 
特別なお出かけ
子どもの誕生
家族の中に変化がある時
兄弟姉妹の関係性

家族の伝統とお祝い事
暮らしの中での家族の伝統
季節を楽しむ
家族で集まってのお祝い事

<Column>日々の戦略
家族会議
当然の結果
喧嘩の仲裁
合意に達する
静かな場所を作る
問題行動に焦点を当てる

さくいん
おわりに 訳者と日本語版監修者
謝辞 参考文献 著者について

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]ティム・セルダン(セルダン,ティム)
モンテッソーリ財団総裁、国際モンテッソーリ協議会の会長。アメリカで最も尊敬されているモンテッソーリ教育者・作家の一人。上級モンテッソーリ研究所とモンテッソーリ研究センターの共同設立者であり、所長も務めた。世界中の会議で基調講演を行っており、モンテッソーリ教育に関する著書多数。

[著]ローナ・マクグラス(マクグラス,ローナ)
モンテッソーリ財団の一部門のモンテッソーリ家族同盟の取締役、モンテッソーリ家庭生活ウェビナーシリーズの進行役。子育てインストラクターとしても活躍し、モンテッソーリ教育の価値観や原則に沿った家庭での実践方法を教える「子育てパズル:基本編」コースの生みの親でもある。

[監修]百枝 義雄(モモエダ ヨシオ)
モンテッソーリ ラ・パーチェ トレーニングコース代表、吉祥寺こどもの家園長
東京大学卒業後、進学塾の講師・運営職を経て、フリースクールを設立する仕事に従事。人の土台を形成する教育の必要性を感じていた時に、モンテッソーリ教育と出合う。1998年、モンテッソーリ教育施設「吉祥寺こどもの家」を開園。2012年、新しい教員養成コース「モンテッソーリ ラ・パーチェ」を立ち上げ、代表を務める。著書は『父親が子どもの未来を輝かせる』(SBクリエイティブ)など多数。

[訳]島村 華子(シマムラ ハナコ)
モンテッソーリ&レッジョ・エミリア教育研究者
上智大学卒業後、カナダのバンクーバーに渡りモンテッソーリ国際協会(AMI)の教員資格免許を取得。カナダのモンテッソーリ幼稚園での教員生活を経て、英国オックスフォード大学にて修士(児童発達学)・博士号(教育学)を取得。現在はカナダの大学にて幼児教育の教員養成に関わる。著書『自分でできる子に育つほめ方叱り方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)は、12万部を超えるベストセラー。

  • 『0~18歳までの家庭でできるモンテッソーリ教育』チラシダウンロードはこちら
    >>>PDF:957KB

banar

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.