創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 文学・エッセイ > 哲学の蠅

哲学の蠅

吉村 萬壱 著

刊行年月日:2021/11/16
ISBN:978-4-422-93090-9
定価:2,200円(税込)
判型:四六判 188mm × 128mm
造本:並製
頁数:296頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

作家デビュー20年、初の自伝的エッセイ

書物と共に歩んできた魂の遍歴の記録

世界の「正当性」を破壊しながら、人間存在の根源的な部分を抉り出し、現実への違和感を物語に託して世に放つ異端の小説家・吉村萬壱が、デビュー20年の節目に著す初の自伝的エッセイ。幼少期の鮮烈な体験と母親の存在は著者の人間形成に決定的な役割を果たすが、やがてそれに対抗する力として文学や哲学に傾倒してゆく。ニーチェやコリン・ウィルソン、井筒俊彦やヴィクトール・フランクルなど種々の著作のほか、映画作品や断片的なメモなど著者が血肉としてきた広義の「哲学書」を取り上げ、それらと創作との結び付きを考えながら、読むこと、書くこと、ひいては生きることそれ自体の意味を問う。

※制作中のため変更の可能性があります。

蛆虫

Ⅰ 肉
  体罰
  客体 
  愚行

Ⅱ 森
  倦怠
  他者
  儀式

Ⅲ 痴
  法悦
  感化
  仲間

Ⅳ 秘
  大学
  虐殺
  映画
  日記
  哲学
  嫉妬

Ⅴ 爆
  孤独
  仕事
  端緒
  解放

Ⅵ 狂
  狂気
  暴力

Ⅶ 憑
  契約
  小説
  熱量
  浮沈

Ⅷ 雪
  創作
  血族
  芸術

抜殻

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]吉村 萬壱(ヨシムラ マンイチ)
吉村萬壱(よしむら・まんいち)

1961年、愛媛県松山市生まれ、大阪育ち。京都教育大学卒業後、東京、大阪の高校、支援学校教諭を務めた後、52歳で専業作家に。2001年「クチュクチュバーン」で第92回文學界新人賞を受賞してデビュー。以後一貫して、宇宙人的視点から見た人類(人間)の像を思い描きながら執筆している。2003年「ハリガネムシ」で第129回芥川賞、2016年『臣女』で第22回島清恋愛文学賞受賞。小説のほかに漫画『流しの下のうーちゃん』、エッセイ集『生きていくうえで、かけがえのないこと』『うつぼのひとりごと』がある。ほかの著書に『バースト・ゾーン~爆裂地区』『ヤイトスエッド』『ボラード病』『虚ろまんてぃっく』『前世は兎』『出来事』『流卵』など。最新作は『死者にこそふさわしいその場所』。

banar

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.