創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 歴史 > 日本史 > 特攻文学論

特攻文学論

井上 義和 著

刊行年月日:2021/08/04
ISBN:978-4-422-30081-8
定価:1,980円(税込)
判型:四六判 188mm × 128mm
造本:並製
頁数:232頁

特攻小説が持つ妖しい魅力の正体を抉り出す

前著『未来の戦死に向き合うためのノート』で衝撃を与えた、知覧特攻記念館での研修などによる、特攻の自己啓発的受容の拡大。本書は、『永遠の0』(百田尚樹)、『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』(汐見夏衛)など近年ベストセラー化する大衆小説を含む、比較的メジャーな特攻文学を幅広く参照しながら、既存の歴史認識の枠組みを無視した感動や継承の先にある近未来を予測しつつ、それらとうまく付き合う道筋を探る。

【仮目次】
はじめに 特攻の物語のどこで号泣するのか
第1章 遺書から文学へ――感動の再現性の探求
第2章 継承のメディアとしての特攻文学
第3章 感動のメディアとしての特攻文学
第4章 死んだ仲間と生き残り――鶴田浩二と戦中派的情念
補章 否定と両立する包摂へ――『未来の戦死に向き合うためのノート』をめぐる対話
おわりに 「同期の桜」と「春よ、来い」を聴きながら

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]井上 義和(イノウエ ヨシカズ)
井上義和(いのうえ・よしかず)
1973年長野県松本市生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程退学。京都大学助手、関西国際大学を経て、現在、帝京大学共通教育センター教授。専門は教育社会学、歴史社会学。本書は『日本主義と東京大学』(柏書房、2008)、『未来の戦死に向き合うためのノート』(創元社、2019)に続く3冊目の単著であるが、研究関心は右翼・戦死・特攻……ばかりではない。最近では「教育とテクノロジー――日本型EdTechの展開をどう捉えるか?」(共著、『教育社会学研究』107集、2020)、『ファシリテーションの時代?――コミュニケーション幻想を超えて』(共編著、ナカニシヤ出版、近刊)など本来の専門である教育社会学分野の開拓にも精力的に取り組んでいる。

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.