MENU

images images

発売カレンダー
ランキング
セミナー・イベント
特集一覧
image

TOPすべての商品歴史日本史 > 大正女官、宮中語り

book

大正女官、宮中語り


山口幸洋 著 / 河西秀哉 監修

単行本 ¥1,980

刊行年月日:2022/09/02
ISBN:978-4-422-20167-2
定価:1,980円(税込)
判型:四六判
造本:並製
頁数:184頁

↓ただいま予約受付中です

お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns


内容紹介

皇室の内側はどんな世界なのか?

「聞いてくれればどんなことでも話しますよ」。

伝説の絶版本・『椿の局の記』が歴史学者・河西秀哉による脚注・解説付きで待望の復刊。大正天皇・貞明皇后の最側近として仕えた高等女官・坂東登女子の回想録。

女官の過酷な仕事、恋愛、生理事情、「お茶目さん」だった大正天皇の一日やその素顔とは。

お金の使い方がわからず三越へのお使いで戸惑ったこと、
大正天皇・皇后と雪だるまを作ったこと、
宮内大臣に水をかけていたずらをしたことなど。
髪をかちこちにして、袴を蹴って歩いた日々の思い出を、言語学者の山口幸洋がまとめる。

「おテーフル(テーブル)」や「ならしゃる」など独特な御所言葉集とそのアクセントも考察。
もっと見る

目次

目次
第一章  宮中出仕へ
近所に住む元大正女官
 女官訪問
明治天皇に見込まれて

第二章 女官になる
椿局の名乗り
女官達の日常写真
明治さま(明治天皇)のこと
女官のことば使い
 当時の女官との交流
周辺の人々
 明治さま以来の女官達
 同期の人達
 侍従達
 関谷事件
 恋愛事件
 山県事件
宮中からの外出
 三越への買い物
 汚がり
 サービスカー
 宮様のお買物
 転地療養
お清(きよ)ちょうず(手洗)のこと
お毒見役として

第三章 明治天皇・大正天皇との日々
天皇の御食事
孝明天皇毒殺説
おつむさん
大正天皇はお茶目さん
昭憲皇太后さま
皇太子の頃
下され物
御寝所
皇后さまとの日々
貞明皇后の夢
大正天皇の御一日
神嘗祭・新嘗祭
侍立、供奉
女官の生活
 髪と衣装
 労働時間
 おやつ
 女官の趣味
 御所の人形
 お人形
 絵手紙
 いたずらの思い出
 家来達と
退官後
関東大震災
ご転地
御異例さん(御病気)
葉山へ――
御崩御から諒闇まで

第四章 宮中を退がって
和歌の回想
御所ことば覚書
 アクセント
 音韻
 語法
 語彙
大正天皇さまのこと

著者後記
解説・河西秀哉

もっと見る

著者紹介

[著]山口幸洋(ヤマグチコウヨウ)
山口幸洋(やまぐち・こうよう)   1936年静岡県生まれ。家業に従事する傍ら、60年間にわたり静岡を中心に日本全国の方言を研究する。1985年、「新居町の方言体系」(『新居町史』第3巻所収)で第4回新村出賞受賞。静岡大学教授。2014年逝去。

[監修]河西秀哉(カワニシ ヒデヤ)
河西秀哉(かわにし・ひでや)      名古屋大学大学院人文学研究科准教授。1977年、名古屋市生まれ。名古屋大学文学部卒業、同大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。博士(歴史学)。京都大学大学文書館助教、神戸女学院大学文学部准教授などを経る。主な著書に、『近代天皇制から象徴天皇制へ』(吉田書店)、『天皇制と民主主義の昭和史』、『平成の天皇と戦後日本』(いずれも人文書院)など。

※著者紹介は書籍刊行時のものです。
もっと見る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く


イチ推し!


創元社オンラインショップの特長

  • images

    入会特典

    オリジナルブックカバーをプレゼント!(2022年12月31日まで ※数量限定 ※デザインはお選びいただけません。)

  • images

    送料無料

    会員様は一点から送料無料(クレジット決済時)。

  • images

    誕生日クーポン

    会員様の誕生月にバースディクーポンをプレゼント!(入会翌月以降の誕生月にクーポンを発行いたします。)

  • images

    特別販売

    会員様限定!訳アリ本先行販売など、特別販売へご招待!

  • images

    当日出荷

    正午までのご注文で当日出荷
    (土日祝日除く)。

images