創元社の将棋の本

最新刊・おすすめの本

マンガ版 将棋入門

藤井ひろし著

将棋をまったく知らない子どもが楽しみながら将棋の基本ルールをおぼえられる、マンガ版の将棋入門書。小学生仲良し5人組を主人公に、駒の種類や動かし方をはじめ、「王手」「詰み」「必至」など将棋の基本をやさしく教える。また、駒の効率のよい動かし方や、合駒、両取りのテクニック、囲いの種類なども解説し、勝つ楽しさが味わえるよう配慮している。詰め将棋のクイズなど、バラエティに富んだ内容で将棋の楽しさを存分に味わえる。

書籍紹介ページ
立ち読み

定価 1,100円(税込)

将棋界の不思議な仕組み プロ棋士という仕事

青野照市著

昨今はタイトル戦の報道のほか、コンピューターとの対決、バラエティ番組の出演などで将棋の棋士は認知度が高くなった。しかし将棋界の仕組みや、どうやったら棋士になれるか、棋士がどんな生活をしているのかといったことはほとんど知られていない。本書は棋界に入ってほぼ半世紀になる著者が、将棋界の仕組みや棋士の本音をエピソードを交えながら面白く読者に伝える。将棋界がすべてわかり将棋が10倍楽しめるようになる1冊。

書籍紹介ページ
立ち読み

定価 1,540(税込)

将棋パワーアップシリーズちょっと長めの詰将棋

高橋道雄著

9手~15手詰めの、長手数の問題集。通常の詰将棋は、捨て駒の妙手によって詰ますことが多いが、本書の問題は形も実戦形なら、詰ます手順も実戦さながら。実戦では一方的に駒を捨てたり取ったりすることはめったになく、取ったり取られたりしながら進むもの。本書の詰将棋は長手数といっても、駒を取ったり取られたりして指し手がのびていくので、それほど手数の長さは感じないはず。級位者にも挑戦してほしい詰将棋だ。

書籍紹介ページ

定価 1,100円(税込)

将棋パワーアップシリーズはじめての1手必至問題

青野照市著

必至とは相手玉を即詰みの形にする手筋で、ここが詰将棋とは違う。なかでも1手必至は、1手で相手玉を受けなしにするものだ。相手の立場になって受けがないかどうか考えなければならないので、かなりの読みが必要とされ、終盤力を強くする最適の手段と言える。本書は、基本の1手必至問題集で、はじめて必至を考える人にとっての入門書。問題をすべて解いたあとは、終盤力が格段にアップしていること間違いなしだ。

書籍紹介ページ

定価 1,100円(税込)

将棋パワーアップシリーズ5手詰将棋VOL.2

高橋道雄著

好評の『5手詰将棋』の第2弾。高橋詰将棋の特長である実戦形の問題集だ。矢倉囲いや舟囲い、美濃囲いや銀冠など形もさまざま。いろいろな形を解くことが、実戦の終盤戦でとても役立つ。詰将棋では、攻め手を考えるのは当然だが、玉方の立場に立って読むことが大事。逃げるのか取るのか合駒か……それを見極められるようになれば、終盤の詰みだけでなく、中盤戦の読みの力もつくはずだ。どんどん解いてレベルアップしよう。

書籍紹介ページ

定価 1,100円(税込)

PageTop